頬ニキビと「食事・飲酒」の関係

頬ニキビと「食事・飲酒」の関係

頬ニキビというのは、皮脂の分泌量が多いTゾーン、顎周りに比べると出来にくい場所ですが、様々な原因によって、突然出来てしまいます。

 

中でも、食事や飲酒から受ける影響が大きく、頬ニキビが出来てしまったら、体の内側から見直していかなければ、治るものも治りません。

 

今回は、食事や飲酒が与える頬ニキビへの影響を、詳しくご紹介していきたいと思います。

 

食事と頬ニキビとの関係性

ニキビが出来る原因は、分泌された皮脂が、毛穴から排出されずに詰まってしまい、そこにニキビの原因菌であるアクネ菌が、増殖してしまう事から始まります。

 

皮脂の分泌量というのは、ホルモンバランスの乱れや、偏った食生活などから変化します。

 

中でも、胃腸の状態が良くないと、頬ニキビが出来てしまう事が多くなります。

 

胃腸に負担をかけてしまうような、食事を繰り返していると、頬ニキビが出来てしまう可能性が高まります。

 

特に糖分や脂肪分の摂りすぎは、胃腸にとって負担となってしまうので、注意しましょう。

 

脂っこい食べ物や、甘い物を好んで食べている方で、頬ニキビに悩んでいるのであれば、適量に止める事で、頬ニキビが改善される可能性があります。

 

飲酒と頬ニキビとの関係性

食事だけではなく、飲酒も頬ニキビにとって影響が大きいと言われています。

 

アルコールの摂りすぎで、肝臓の機能が低下してしまうと、頬ニキビが出来やすくなります。

 

飲酒をすると、アルコール成分を分解する為に、肝臓に負担が掛かります。

 

毎日飲酒をしている方は、それだけアルコール成分を分解する為に、肝臓に負担を掛けてしまっているので、飲酒も嗜む程度にしておく方が無難ですね。

 

頬ニキビを治す為に必要なこと

本来出来にくい場所なのに、一度出来てしまうと厄介な頬ニキビ。

 

治す為には、様々な原因を、取り除く必要があります。

 

まず、基本的な生活習慣の改善です。

 

規則正しくバランスの取れた食生活を心がけ、睡眠不足、ストレスなども改善しなくてはいけません。

 

食事は、特に胃腸に負担を掛けてしまわないように、脂っこい食べ物、糖分を多く含む食べ物を控えましょう。

 

また、セルフケアだけで頬ニキビが必ず改善されるとは限らず、基本的な生活習慣を見直しても、悪化してしまうような場合には皮膚科を受診しましょう。

 

専門家に診てもらう事によって、頬ニキビが、何が原因で引き起こされているか、分かりますし外用薬などで治すことが出来る場合もあります。

 

セルフケアのみで難しい場合には、自分だけでどうにかしようとは思わずに、専門家の力を借りるようにしましょう。

 

 

頬ニキビと「食事・飲酒」の関係

 

頬ニキビ,食事,飲酒

関連ページ

頬ニキビと「外的刺激」の関係
皮脂腺がフェイスラインの中でも比較的少なく、本来ならニキビが出来にくい場所である頬に出来てしまう「頬ニキビ」は、ホルモンバランスやストレス、外的刺激など様々な要因から引き起こされています。
頬ニキビと「乾燥によるバリア機能の低下」とその関係
「元々乾燥肌なのに頬ニキビが出来てしまった!何で?」と思っているそこのあなた。むしろ、乾燥肌で悩んでいる人程ニキビに悩まされてしまうんですよ。
頬ニキビと「寝具の汚れ(細菌の繁殖)」の関係
突然出来てしまった頬ニキビ…しかも片側にだけ出来た場合にはもしかしたら寝具や何気ない癖などの外的刺激が原因になっているかもしれません。
頬ニキビと「生理」の関係
生理前、生理後に突然出来てしまった頬ニキビに驚きショックを受けた方も多いのではないでしょうか?
頬ニキビと「男性ホルモン」の関係
比較的女性よりも男性に出来やすく、目立ちやすい場所である為悩む事の多い頬ニキビは男性ホルモンによる影響を受けて引き起こされている場合があります。
頬ニキビとストレスの関係とは?
皮脂の分泌量が比較的少ない頬から出来てしまう頬ニキビの原因は実は「ストレス」にあるかもしれません。もちろん原因は一つではないので、基本的な生活習慣、スキンケアの方法など見直すべき点はいくつかあります。
頬ニキビの治療「ホルモン療法」とは?
ホルモンバランスが乱れてしまうタイミングである生理前後にどうしても頬ニキビで悩まされていたり、セルフケアのみではニキビがなかなか治らない場合には「ホルモン療法」という方法を試してみると良いかもしれません。
頬の毛穴の開きとニキビの関係とは?
頬に出来てしまうニキビには頬の毛穴の状態にも秘密があります。頬というのは、毛穴が小さく皮脂腺がフェイスラインの中では少ない場所。