頬ニキビと「生理」の関係

頬ニキビと「生理」の関係

生理前、生理後に、突然出来てしまった頬ニキビに、驚きショックを受けた方も多いのではないでしょうか?

 

実は、元々皮脂腺が少なく、本来ならニキビが出来にくいハズの頬に、ニキビが出来る原因にはいくつかあります。

 

その中でも、ホルモンバランスの乱れにより引き起こされる頬ニキビについて、詳しく解説していきたいと思います。

 

頬ニキビと生理との関係性について

普段、ニキビに悩まされていない方でも、何故か生理が近付くとニキビが、出来てしまうという女性は多いです。

 

これは、女性ホルモンの働きが大きく関係しています。

 

まず、女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があります。

 

それぞれ働きが違い、分泌量が増える時期にもやや違いがあります。

 

  • エストロゲン:お肌の水分量を増加させる
  • プロゲステロン:皮脂の分泌量を増加させる

 

排卵前には、エストロゲンの働きが活性化し、排卵後から、生理が始まるまでの間には、プロゲステロンの働きが活性化します。

 

普段は、大きく変化をしないホルモンバランスが、生理の時期には大きく変動してしまうのです。

 

ホルモンバランスの乱れは、ニキビに大きな悪影響を及ぼしてしまいます。

 

頬ニキビが出来る時期も、プロゲステロンの働きが活性化する生理前が、出来やすい時期であると言われています。

 

いつもなら乾燥肌で、ニキビとは無縁という方でも、生理の時期には、脂性肌になるという現象も起こり得る事です。

 

生理の時期に出来る頬ニキビを予防するには

生理前後は、ホルモンバランスに乱れが生じやすいので、頬ニキビが出来やすくなる時期です。

 

ですが、普段の生活習慣が、規則正しく送れているかどうかで、ホルモンバランスの乱れにより、表れる影響が変わってきます。

 

夜遅くにご飯を食べていたり、栄養が不足した食生活だったり、寝不足など様々な要因から生理以外でもホルモンバランスに乱れは生じます。

 

規則正しい生活、バランスの取れた食生活、適度な運動…これらによって生活リズムが整ってホルモンバランスの乱れも解消されていきます。

 

運動不足、野菜不足な方は特に便秘に悩まされている方が多いですが、便秘も頬ニキビにとっては非常に良くありません。
老廃物が体内に溜まってしまうと、ニキビが更に悪化してしまうので体の内側からも改善していかなければ頬ニキビは予防出来ません。

 

また、スキンケアにも注意を払ってニキビが気になるからと言って擦りすぎたり、1日に何回も洗顔をするのはNGです。

 

正しい洗顔方法とスキンケアの方法で頬ニキビを改善へと導きましょう。

 

 

頬ニキビと「生理」の関係

 

頬ニキビ,生理

関連ページ

頬ニキビと「外的刺激」の関係
皮脂腺がフェイスラインの中でも比較的少なく、本来ならニキビが出来にくい場所である頬に出来てしまう「頬ニキビ」は、ホルモンバランスやストレス、外的刺激など様々な要因から引き起こされています。
頬ニキビと「乾燥によるバリア機能の低下」とその関係
「元々乾燥肌なのに頬ニキビが出来てしまった!何で?」と思っているそこのあなた。むしろ、乾燥肌で悩んでいる人程ニキビに悩まされてしまうんですよ。
頬ニキビと「食事・飲酒」の関係
頬ニキビというのは皮脂の分泌量が多いTゾーン、顎周りに比べると出来にくい場所ですが様々な原因によって突然出来てしまいます。
頬ニキビと「寝具の汚れ(細菌の繁殖)」の関係
突然出来てしまった頬ニキビ…しかも片側にだけ出来た場合にはもしかしたら寝具や何気ない癖などの外的刺激が原因になっているかもしれません。
頬ニキビと「男性ホルモン」の関係
比較的女性よりも男性に出来やすく、目立ちやすい場所である為悩む事の多い頬ニキビは男性ホルモンによる影響を受けて引き起こされている場合があります。
頬ニキビとストレスの関係とは?
皮脂の分泌量が比較的少ない頬から出来てしまう頬ニキビの原因は実は「ストレス」にあるかもしれません。もちろん原因は一つではないので、基本的な生活習慣、スキンケアの方法など見直すべき点はいくつかあります。
頬ニキビの治療「ホルモン療法」とは?
ホルモンバランスが乱れてしまうタイミングである生理前後にどうしても頬ニキビで悩まされていたり、セルフケアのみではニキビがなかなか治らない場合には「ホルモン療法」という方法を試してみると良いかもしれません。
頬の毛穴の開きとニキビの関係とは?
頬に出来てしまうニキビには頬の毛穴の状態にも秘密があります。頬というのは、毛穴が小さく皮脂腺がフェイスラインの中では少ない場所。