頬ニキビとストレスの関係とは?

頬ニキビとストレスの関係とは?

皮脂の分泌量が、比較的少ない頬から出来てしまう頬ニキビの原因は実は「ストレス」にあるかもしれません。

 

もちろん原因は一つではないので、基本的な生活習慣、スキンケアの方法など見直すべき点はいくつかあります。

 

中でもストレスが頬ニキビに与える影響について詳しくご説明していきます。

 

ストレスによって頬ニキビが出来るのは何故なのか?

まず、頬というのは汗腺、皮脂腺が少ない場所であり汗をかきにくい場所というのは毛穴が小さいです。

 

毛穴が小さいとその分、過剰に分泌された皮脂を排出しきれずに詰まりやすい傾向があります。

 

また、汗腺が少ないと汗をかきづらいので乾燥しやすい場所でもあります。乾燥するとお肌のバリア機能が低下してしまい、お肌を守ろうとして皮脂が過剰分泌されます。

 

皮脂の過剰分泌というのは乾燥以外でも起きます。ストレスによってホルモンバランスに乱れが生じた時にも皮脂が過剰分泌されてしまいます。

 

ストレスには物理的なものと精神的なものがありますが、いずれの場合にも自律神経に影響を与え、ホルモンバランスが乱れてしまう事があります。

 

ストレスはただ単にホルモンバランスに乱れを引き起こしてしまうだけでなく、イライラ感・肌荒れ・皮脂の過剰分泌・抜け毛など様々な弊害が起きてしまう原因です。

 

体がストレスを感じている状態というのは、自律神経の内の一つ「交感神経」の働きが活発化します。

 

交感神経が活発化している状態の体というのは、緊張状態にあり筋肉が硬くなりやすく血液循環が低下し、酸素や栄養が上手く運ばれなくなってしまいます。

 

すると、体の不調を修復する為の力が発揮出来ずにますます体の不調が悪化してしまいます。

 

もちろん頬ニキビを治す為の働きも低下してしまうので、ニキビが治りづらくなり悪化しやすくなる原因となります。

 

ストレスが原因の頬ニキビを治すには

ストレスが原因で出来てしまった頬ニキビを治す為には、ストレスを解消しなくてはいけません。

 

完全にストレスを感じないようにするというのはあまりに難しい話だと思いますので、上手に発散出来る方法を見つけましょう。

 

ぬるめのお湯の湯船にゆっくりと浸かって血液循環を高めるのも一つの手です。

 

また、アロマなどの癒しグッズを活用するのもリラックス出来て、ストレス解消に効果的です。

 

それに加えてマッサージもリラックス作用のある副交感神経が働いてくれるので、緊張状態から解放されて効果的です。

 

頬ニキビというのは基本的な生活習慣の乱れやストレスから起きてくるものですので、スキンケアの方法を見直すと共に生活習慣を見直すとより改善される可能性が高まります。

 

 

頬ニキビとストレスの関係とは?

 

頬ニキビ,ストレス

関連ページ

頬ニキビと「外的刺激」の関係
皮脂腺がフェイスラインの中でも比較的少なく、本来ならニキビが出来にくい場所である頬に出来てしまう「頬ニキビ」は、ホルモンバランスやストレス、外的刺激など様々な要因から引き起こされています。
頬ニキビと「乾燥によるバリア機能の低下」とその関係
「元々乾燥肌なのに頬ニキビが出来てしまった!何で?」と思っているそこのあなた。むしろ、乾燥肌で悩んでいる人程ニキビに悩まされてしまうんですよ。
頬ニキビと「食事・飲酒」の関係
頬ニキビというのは皮脂の分泌量が多いTゾーン、顎周りに比べると出来にくい場所ですが様々な原因によって突然出来てしまいます。
頬ニキビと「寝具の汚れ(細菌の繁殖)」の関係
突然出来てしまった頬ニキビ…しかも片側にだけ出来た場合にはもしかしたら寝具や何気ない癖などの外的刺激が原因になっているかもしれません。
頬ニキビと「生理」の関係
生理前、生理後に突然出来てしまった頬ニキビに驚きショックを受けた方も多いのではないでしょうか?
頬ニキビと「男性ホルモン」の関係
比較的女性よりも男性に出来やすく、目立ちやすい場所である為悩む事の多い頬ニキビは男性ホルモンによる影響を受けて引き起こされている場合があります。
頬ニキビの治療「ホルモン療法」とは?
ホルモンバランスが乱れてしまうタイミングである生理前後にどうしても頬ニキビで悩まされていたり、セルフケアのみではニキビがなかなか治らない場合には「ホルモン療法」という方法を試してみると良いかもしれません。
頬の毛穴の開きとニキビの関係とは?
頬に出来てしまうニキビには頬の毛穴の状態にも秘密があります。頬というのは、毛穴が小さく皮脂腺がフェイスラインの中では少ない場所。