頬ニキビの治療「ホルモン療法」とは?

頬ニキビの治療「ホルモン療法」とは?

ホルモンバランスが乱れてしまうタイミングである生理前後にどうしても頬ニキビで悩まされていたり、セルフケアのみではニキビがなかなか治らない場合には「ホルモン療法」という方法を試してみると良いかもしれません。

 

ニキビ治療に用いられるホルモン療法とは何なのか?ホルモンバランスと頬ニキビとの関係など詳しくご紹介していきます。

 

頬ニキビをホルモン療法で治そう!頬ニキビはホルモンバランスの乱れから起きる

まず、お顔の中でも頬は皮脂腺が少ないので普通ならニキビが出来にくい場所であるハズ。ですが、そんな頬にニキビが出来てしまった場合には様々な原因が重なって起きている事が多いです。

 

中でもホルモンバランスの乱れは頬ニキビと深い関係があります。生理前後はホルモンバランスが変動しやすい時期の為、頬ニキビが生理前後にだけ出来てしまうという方も多いです。

 

ホルモンバランスが乱れる要因としては、ストレス、睡眠不足、不規則な生活などが挙げられます。ホルモンバランスを整える為には、まず基本的な生活習慣から見直さなくてはいけません。

 

頬ニキビに効果的なホルモン療法とは?

ホルモンバランスと頬ニキビには深い関係がある事から、一つの治療法として注目されているのが「ホルモン療法」というものです。

 

ホルモン療法というのは、低用量ピルを服用して行われます。ピルと聞くと、一般的には避妊薬として知られていますが実はニキビの治療にも効果的なお薬でもあります。

 

一般的に認知度が高いマーベロン、アンジュなどの低用量ピルでもニキビが改善される方も居ます。

 

ホルモンバランスが乱れた時に起きてしまう皮脂の過剰分泌は、ホルモンバランスを正常に保てば落ち着きます。

 

ニキビ治療の為に行うホルモン療法に関しては、ニキビを生み出してしまう根本的な原因である皮脂の分泌を抑えるための働きをします。

 

頬ニキビに効果的なホルモン療法は誰でもできる?

低用量ピルを服用して治療をしていく訳ですから、もちろん服用にあたっての注意点がありますし誰でも出来る訳ではありません。

 

  • 過去に血栓症になった事がある方
  • 高血圧の方
  • 35歳以上で1日に15本以上喫煙をしている方
  • 妊娠中あるいは授乳中の方

以上に該当している方は残念ながらホルモン療法は行えません。

 

また、ホルモン療法を行う上では必ず包み隠さずに医師へ伝えましょう。最終的にホルモン療法を行っても問題がないかどうかを判断するのは医師なので、自己判断で伝える事柄を決めないで下さい。

 

体の安全を守る為には気を付けなければならない事ですから、医師の判断に任せましょう。

 

正しく適切な使い方をすれば副作用もなく、安心かつ安全に頬ニキビを治療出来ますから気になる方は皮膚科を受診してみて下さいね。

 

 

頬ニキビの治療「ホルモン療法」とは?

 

頬ニキビ,治療,ホルモン療法

関連ページ

頬ニキビと「外的刺激」の関係
皮脂腺がフェイスラインの中でも比較的少なく、本来ならニキビが出来にくい場所である頬に出来てしまう「頬ニキビ」は、ホルモンバランスやストレス、外的刺激など様々な要因から引き起こされています。
頬ニキビと「乾燥によるバリア機能の低下」とその関係
「元々乾燥肌なのに頬ニキビが出来てしまった!何で?」と思っているそこのあなた。むしろ、乾燥肌で悩んでいる人程ニキビに悩まされてしまうんですよ。
頬ニキビと「食事・飲酒」の関係
頬ニキビというのは皮脂の分泌量が多いTゾーン、顎周りに比べると出来にくい場所ですが様々な原因によって突然出来てしまいます。
頬ニキビと「寝具の汚れ(細菌の繁殖)」の関係
突然出来てしまった頬ニキビ…しかも片側にだけ出来た場合にはもしかしたら寝具や何気ない癖などの外的刺激が原因になっているかもしれません。
頬ニキビと「生理」の関係
生理前、生理後に突然出来てしまった頬ニキビに驚きショックを受けた方も多いのではないでしょうか?
頬ニキビと「男性ホルモン」の関係
比較的女性よりも男性に出来やすく、目立ちやすい場所である為悩む事の多い頬ニキビは男性ホルモンによる影響を受けて引き起こされている場合があります。
頬ニキビとストレスの関係とは?
皮脂の分泌量が比較的少ない頬から出来てしまう頬ニキビの原因は実は「ストレス」にあるかもしれません。もちろん原因は一つではないので、基本的な生活習慣、スキンケアの方法など見直すべき点はいくつかあります。
頬の毛穴の開きとニキビの関係とは?
頬に出来てしまうニキビには頬の毛穴の状態にも秘密があります。頬というのは、毛穴が小さく皮脂腺がフェイスラインの中では少ない場所。