背中ニキビに使える化粧水とは?

背中ニキビに使える化粧水とは?

ニキビの中でも繰り返し発症しやすく治りづらいので厄介な背中ニキビですが、実はそんな背中ニキビに有効なのが「化粧水」なのです。

 

背中ニキビを繰り返してしまったり、治りづらくしてしまっていたりするのが乾燥によるものである可能性が高い事から化粧水が背中ニキビに有効として考えられています。

 

そんな背中ニキビに効果的な化粧水についてまとめてみましょう。

 

背中ニキビの原因

そもそもニキビを生み出している原因は、過剰分泌された皮脂が毛穴に詰まってしまい角栓になる事です。

 

皮脂の分泌量が過剰になってしまう理由も様々で、ホルモンバランスの乱れ、睡眠不足、不規則な食生活、乾燥などが挙げられます。

 

普段の生活習慣を見直していく事ももちろん大切ですが、乾燥により引き起こされる皮脂の過剰分泌もあるので保湿を心がける事も大切です。

 

背中ニキビに効果的な化粧水

お顔に使用する化粧水とは違って、背中ニキビに効果的とされる化粧水には背中ニキビに有効な成分が含まれています。

 

まず、ニキビは毛穴に皮脂が詰まって角栓になりそこへ「マラセチア真菌」と呼ばれる細菌が繁殖して炎症を起こし背中ニキビになります。

 

ニキビを治す為に有効となる成分がいくつかあります。

  • 抗炎症作用…グリチルリチン酸ジカリウム
  • 抗酸化作用…フラーレン
  • ターンオーバーを促し、皮脂の分泌量を調整する…ビタミンC誘導体

これらの成分が配合された化粧水を使用する事で背中ニキビの治りを良くしたり、また繰り返していた背中ニキビが治療出来たりといった効果が見込まれます。

 

背中ニキビは普段の何気ない生活習慣からも原因を作り出してしまうので、治すまでに根気が必要だと考えられますが日々のケアで状態はかなり変わります。

 

背中ニキビを治す事で可愛い服もたくさん着られるようになり、自信もつくと思いますので背中ニキビに悩まれているなら背中ニキビに有効な成分が配合された化粧水を選んでみてはいかがでしょうか。

 

背中ニキビに化粧水を使う時の一工夫

いくら乾燥がニキビにとって大敵で、念入りな保湿ケアが必要になると分かってもお顔と同じように見ながらケアは出来ません。

 

正直、かなり手が届きにくい場所になりますからケアも難しいですよね。

 

今はアイデア商品も色々販売されていて、手の届きづらい背中に保湿剤を塗布する為の道具もあります。

 

また、スプレーボトルに化粧水を移し替えるのも保湿ケアをする時には便利です。

 

手で直接化粧水を付けようとしても届かない場所も出てきます。

 

スプレーなら広範囲に化粧水を散布出来るので、手の届きづらい背中にも使えます。

 

乾燥知らずニキビ知らずの綺麗な背中を目指すには、まず保湿ケアが重要です。嫌な背中ニキビを繰り返さない為にもこの一工夫も覚えておいて下さいね。

 

 

背中ニキビに使える化粧水とは?

 

背中ニキビ,化粧水

関連ページ

背中ニキビに効果的な石鹸の選び方
ニキビはニキビでもお顔に出来るニキビの原因とは違う背中ニキビ、実は洗い方や使用する石鹸の選び方で改善出来るんです。
背中ニキビの原因と対処法
普段自分で見る事の少ない背中にいつの間にかニキビが出来ていたら…とてもショックですよね。そんな気が付きにくい背中ニキビの原因について説明していきたいと思います。
背中ニキビの黒ずみ解消法
皮脂の分泌量が他の場所より多くニキビの出来やすい背中。そんな背中ニキビは治って喜んでいたのも束の間…何だか背中にシミみたいな黒ずみが出来ていたなんてショックですよね。
背中ニキビの洗い方とは?
背中にポツポツと出来てしまう背中ニキビ…また繰り返してしまい悩まれている方も多いのがこのニキビの特徴でもありますが、あなたの洗い方…それって間違えていませんか?
背中に残ったニキビ跡を消す方法
普段自分で見る機会の少ない背中にニキビが出来てしまった時、気が付いたらニキビ跡になっていたら…とてもショックですよね。
背中のブツブツ「毛孔性苔癬」とは?
背中に出来てしまう一見背中ニキビのような「毛孔性苔癬」は見た目的にも良くありませんから、気になりますよね。
背中ニキビの市販薬・処方薬の種類と使い方
背中に出来てしまった背中ニキビを治そうとした時に気になるのが市販薬で治せるのか?という部分です。
背中ニキビの治療方法とは?
一度発症してしまうと治りにくく繰り返しやすい特徴がある「背中ニキビ」ですが、いざ見られても恥ずかしくない背中にする為にも治療したいですよね。
背中ニキビ予防のための正しい入浴法
あなたの繰り返している背中ニキビ、もしかしたらそれ普段何気なく繰り返している入浴法に原因があるかもしれませんよ。