背中ニキビ予防のための正しい入浴法

背中ニキビ予防のための正しい入浴法

あなたの繰り返している背中ニキビ、もしかしたらそれ普段何気なく繰り返している入浴法に原因があるかもしれませんよ。

 

そこで、無意識の内にやってしまいがちな入浴法を改善する為に意識しておきたい正しい入浴法をご紹介します。

 

背中ニキビは入浴法と大きな関係があった!

背中を含め体に出来るニキビはカビの一種であるマラセチア真菌が原因で引き起こされていますが、その他に大きな要因となるものがあります。

 

それは「シャンプーやリンスのすすぎ残し」です。

 

背中は顔や頭と同じように皮脂の分泌量が多い場所ですから、適当にゴシゴシ洗わず顔と同じように優しく丁寧に洗う必要があります。

 

浴室では体が温まり毛穴の開きが良くなる分、汚れが除去しやすい反面、詰まりやすいタイミングでもあります。

 

シャンプー、リンスには髪の毛を外部から与えられるあらゆるダメージから保護する為には欠かせないコーティング剤やシリコンが配合されています。

 

シリコンやコーティング剤というのは髪の毛にとっては必要でも、毛穴には詰まりやすい成分となります。

 

毛穴の表面に膜を張ってしまう事で、毛穴から排出されるべきものが上手く排出されずに背中ニキビの原因となってしまいます。

 

背中ニキビを予防する為の入浴法とは?

まず、背中ニキビにとってとてもシャンプーやリンスのすすぎ残しが良くないのは分かりましたよね。

 

そこで気をつけて頂きたいのが、髪の毛の洗い方になります。
髪の毛が長い場合、髪の毛を前に垂らして洗うようにしましょう。

 

すすいだ時のお湯が背中になるべく掛からないようにしてあげると、背中ニキビを予防する為には非常に効果的になります。

 

次に意識をしてほしいのが洗う順番です。洗う順番にこだわりがあるという方も少なくありませんが、背中ニキビを予防する為には上から順番に洗う洗い方が重要となります。

 

最初に髪の毛、次いで顔、最後に体という順番であればシャンプーやリンス、洗顔料をしっかりと洗い残しなくすすぐことが出来ます。

 

最後に普段のシャワーの温度を意識しましょう。
熱すぎるお湯で体を洗っているなら、それは背中ニキビにとっては良くないです。

 

体にとっては必要になる皮脂まで洗い落としてしまっているかもしれません。

 

しかし、湯船、シャワーいずれも背中ニキビを予防したいのであれば39℃までにしておきましょう。

 

熱すぎるお湯でシャワーを浴びていたり湯船に浸かると、男性ホルモンの分泌が活性化されてしまい皮脂の分泌量が増加し、自ずと背中ニキビを悪化させてしまいます。

 

熱めのお湯が好きな方でも背中ニキビを予防するなら、温度を下げたほうが予防には効果的となりますので意識してみましょう。

 

 

背中ニキビ予防のための正しい入浴法

 

背中ニキビ,予防

関連ページ

背中ニキビに効果的な石鹸の選び方
ニキビはニキビでもお顔に出来るニキビの原因とは違う背中ニキビ、実は洗い方や使用する石鹸の選び方で改善出来るんです。
背中ニキビに使える化粧水とは?
ニキビの中でも繰り返し発症しやすく治りづらいので厄介な背中ニキビですが、実はそんな背中ニキビに有効なのが「化粧水」なのです。
背中ニキビの原因と対処法
普段自分で見る事の少ない背中にいつの間にかニキビが出来ていたら…とてもショックですよね。そんな気が付きにくい背中ニキビの原因について説明していきたいと思います。
背中ニキビの黒ずみ解消法
皮脂の分泌量が他の場所より多くニキビの出来やすい背中。そんな背中ニキビは治って喜んでいたのも束の間…何だか背中にシミみたいな黒ずみが出来ていたなんてショックですよね。
背中ニキビの洗い方とは?
背中にポツポツと出来てしまう背中ニキビ…また繰り返してしまい悩まれている方も多いのがこのニキビの特徴でもありますが、あなたの洗い方…それって間違えていませんか?
背中に残ったニキビ跡を消す方法
普段自分で見る機会の少ない背中にニキビが出来てしまった時、気が付いたらニキビ跡になっていたら…とてもショックですよね。
背中のブツブツ「毛孔性苔癬」とは?
背中に出来てしまう一見背中ニキビのような「毛孔性苔癬」は見た目的にも良くありませんから、気になりますよね。
背中ニキビの市販薬・処方薬の種類と使い方
背中に出来てしまった背中ニキビを治そうとした時に気になるのが市販薬で治せるのか?という部分です。
背中ニキビの治療方法とは?
一度発症してしまうと治りにくく繰り返しやすい特徴がある「背中ニキビ」ですが、いざ見られても恥ずかしくない背中にする為にも治療したいですよね。