お尻ニキビは摩擦・ムレで悪化するワケ

お尻ニキビは摩擦・ムレで悪化するワケ

一度出来てしまうと治りにくく、悪化しやすく、また色素沈着もしやすいのでとても厄介なお尻ニキビは摩擦やムレにより悪化してしまいやすいと言われています。

 

そこでお尻ニキビと摩擦・ムレとの関係について詳しくご紹介していきたいと思います。

 

お尻ニキビが出来てしまう原因と摩擦・ムレの関係性

まず、皮脂腺がある場所にならニキビが出来てしまうのでほぼ全身出来る可能性があります。
お尻ニキビもその一つ。

 

ニキビが出来る原因はどこに出来る場合も共通で、過剰分泌された皮脂が毛穴に詰まってしまって、それをエサにアクネ菌が繁殖してしまう事です。

 

ただ、出来る原因は同じでもお尻ニキビの場合には体重による圧迫と摩擦による刺激などが加わって、角質化が起こりやすいので悪化しやすいという特徴があります。

 

また、常に下着と衣類に覆われている為ムレやすいので細菌が繁殖しやすいのであっという間に悪化してしまいます。

 

普通にお顔に出来るニキビよりも治りにくく、悪化しやすいお尻ニキビは気付いたら早めに対処しなければいけないのです。

 

お尻ニキビが悪化する原因と摩擦・ムレの関係性は?

お尻は座っている時に体重を支える場所になるので、皮膚が硬くなりやすくニキビが出来た場合角質化により悪化しやすいとされています。

 

普段座っている時間が長い程、座っている部分は摩擦による刺激が加わりお尻ニキビが出来ている場合には、他の場所に出来るニキビよりも刺激が加わりやすい事が分かります。

 

知らず知らずの内に出来てしまっていて、気が付いた頃には悪化している事も多いのがお尻ニキビです。

 

予防するには下着や衣類を通気性がよく締め付け過ぎないサイズの物を選び、女性ならストッキングやタイツなど締め付けが強くムレやすい物を着用しないようにするのも予防策の一つです。

 

普通にしていても下着に覆われている事でムレやすいのがお尻ですから、日頃の予防次第でお尻ニキビが早く治るか悪化するかは変わります。

 

また、お尻は他の場所と比べても汚れやすく清潔に保つのが難しい場所です。

 

体を洗う時にはあらかじめ泡立てた泡で優しく丁寧に洗いましょう。

 

直接ボディソープを付けてしまうと毛穴に詰まってお尻ニキビが新たに出来やすくなるだけでなく、すでに出来てしまっているお尻ニキビには刺激となり悪化させる原因となります。

 

洗い流す時にもすすぎ残しがない事を確認しながらしっかり洗い流して下さい。

 

お尻ニキビは日頃の何気ない行動で治せるかどうかが変わってきますので、生活習慣から見直してみましょう。

 

 

お尻ニキビは摩擦・ムレで悪化するワケ

 

ニキビ跡,治す

関連ページ

お尻ニキビができる原因と対処法とは?
ニキビ跡を治す為に色々な方法を試してきましたが、実はある一つの行動を取るだけでニキビ跡を治す事が出来ます。今まで悩んできた事がウソの様です。もうニキビ跡で悩みたくない人、治したい人は必見です。
お尻ニキビと「おでき」の違いと対処法
ニキビ跡を治す為に色々な方法を試してきましたが、実はある一つの行動を取るだけでニキビ跡を治す事が出来ます。今まで悩んできた事がウソの様です。もうニキビ跡で悩みたくない人、治したい人は必見です。