にきび跡を改善する皮膚科治療の方法

セルフケアだけで改善可能なにきび跡であれば、それほど酷い症状ではないかと思いますが症状によっては皮膚科で適切な治療を受ける必要があります。

 

にきびの炎症が真皮層にまで及んでしまったクレーター状、ケロイド状のにきび跡やしこりになってしまったものはセルフケアのみでは完治が難しいと言えます。

 

そこでにきび跡を綺麗に治すための皮膚科での治療法について詳しくご説明していきます。

 

にきび跡に対する皮膚科での治療法

皮膚科で治療をする方法もいくつかあります。どの治療法が患部の状態に合っているか?というのは、専門家の方が判断してくれますので参考までにどのような治療法があるのかについて記していきます。

 

@レーザーや光治療

にきびが炎症を起こしてから悪化してしまい、クレーター状になってしまったものや部分的なにきびの治療に用いられるのは「レーザー治療」。

 

炎症が進み色素沈着を起こしたにきびや赤みがかったにきびといった比較的広範囲のにきびへの治療には「光治療」が用いられます。

 

Aイオン導入

これはビタミンCなどのにきびの治療に効果的な成分を微量の電流を流していく事で皮膚の奥深くまで有効成分を届ける治療法です。

 

イオン導入については部分的に出来ているにきびより、広範囲に渡って色素沈着や赤みが起きたにきびに効果的になります。

 

Bダーマローラー

細い針の付いているローラーにより、肉眼では確認する事も出来ない程小さな穴を開けます。

 

この方法は私達人間の体に備わっている自己治癒力を利用した治療法です。

 

この方法は凹凸が出来るクレーター状のにきびの治療に効果的です。ローラーによりお肌の再生を促進して、お肌が平らになっていきます。

 

ダーマローラーを使用した後に、グロースファクター(成長因子)を塗布するとよりダーマローラーの効果を高める事が出来ます。

 

C皮膚再生

これは再生医療の1種です。この方法は自身の血液を利用する為、アレルギーが出にくいという特徴があります。

 

人間の体は怪我をした時に再生する為の力が備わっていますが、それは多血小板血漿(たけっしょうばんけっしょう)という血小板を多く含む、ダメージを受けた血管や細胞を修復する成分を注入していきます。

 

その為、血管や細胞にまでダメージを受けてしまい跡になってしまったクレーター状のにきびに有効となります。

 

まとめ

ここで挙げている治療法は、皮膚科でにきび治療として行われているものの一部です。

 

あくまでも皮膚科で患部の状態を見てもらって、どの治療法が適しているかは専門家の方が判断します。

 

にきびは早期治療が大切になりますので、クレーター状やケロイド状になる前に治療をするように心掛けましょう。

 

 

にきび跡を改善する皮膚科治療の方法

 

ニキビ跡,治す

関連ページ

にきび跡のしこりの原因と改善方法とは?
ニキビ跡を治す為に色々な方法を試してきましたが、実はある一つの行動を取るだけでニキビ跡を治す事が出来ます。今まで悩んできた事がウソの様です。もうニキビ跡で悩みたくない人、治したい人は必見です。
にきび跡の色素沈着の原因と改善方法とは?
ニキビ跡を治す為に色々な方法を試してきましたが、実はある一つの行動を取るだけでニキビ跡を治す事が出来ます。今まで悩んできた事がウソの様です。もうニキビ跡で悩みたくない人、治したい人は必見です。
にきび跡の赤みの原因と改善方法とは?
ニキビ跡を治す為に色々な方法を試してきましたが、実はある一つの行動を取るだけでニキビ跡を治す事が出来ます。今まで悩んできた事がウソの様です。もうニキビ跡で悩みたくない人、治したい人は必見です。
クレーター状のにきび跡の原因と改善方法とは?
ニキビ跡を治す為に色々な方法を試してきましたが、実はある一つの行動を取るだけでニキビ跡を治す事が出来ます。今まで悩んできた事がウソの様です。もうニキビ跡で悩みたくない人、治したい人は必見です。
ケロイド状のにきび跡の原因と改善方法とは?
ニキビ跡を治す為に色々な方法を試してきましたが、実はある一つの行動を取るだけでニキビ跡を治す事が出来ます。今まで悩んできた事がウソの様です。もうニキビ跡で悩みたくない人、治したい人は必見です。
にきび跡とは?そのメカニズムと皮膚の構造
ニキビ跡を治す為に色々な方法を試してきましたが、実はある一つの行動を取るだけでニキビ跡を治す事が出来ます。今まで悩んできた事がウソの様です。もうニキビ跡で悩みたくない人、治したい人は必見です。