ニキビ跡「紫色・茶色のシミが残るタイプ」とは?

ニキビ跡「紫色・茶色のシミが残るタイプ」とは?

治療が遅れてしまう事により、炎症が悪化してしまい、出来てしまうニキビ跡ですが、中には、まるでシミのように見える、ニキビ跡というのがあります。

 

赤みがかったニキビ跡よりも、更に進行してしまった状態の、紫色や茶色の色素沈着が起きたニキビ跡が、特に目立つ為、悩まれている人も、多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は、シミのようになってしまうニキビ跡が、出来てしまう原因について、ご説明していきます。

 

シミになってしまうニキビ跡は何故出来る?

まず、ニキビが出来た後に、炎症が進むと、お肌の奥にある、真皮層や皮下組織にまで、ダメージが及んでしまい、それがニキビ跡に変わります。

 

ニキビ跡には、赤みがかったニキビ跡と、色素沈着を起こしたニキビ跡があります。

 

赤みがかったニキビ跡の、炎症が治まり、お肌の内側へと、色素沈着をしてしまったものが、紫色や茶色のニキビ跡になってしまうんです。

 

赤みがかったニキビ跡こそ、適切なケアを施す事で、治療が出来そうなものですが、紫色や茶色に、色素沈着をした後の、ニキビ跡って治りにくそうですよね。

 

しかし、シミのように見えてしまう、色素沈着をした後のニキビ跡でも、正しい知識を元に、ケアをしていく事によって、改善する事が出来ます。

 

まるでシミ?!色素沈着を起こしたニキビ跡を治すには?

ニキビには、炎症が起こるまでの過程から、炎症を引き起こした後に、色素沈着が起こるまでの過程まであります。

 

ニキビ跡が、色素沈着を起こすのは、ニキビ跡が出来た後に、紫外線や物理的刺激(髪の毛が触れたり、手で触ったり)、ホルモンバランスの乱れなど、様々な要因が重なり起きています。

 

いわばニキビ跡が、色素沈着を起こした状態は、シミが出来る過程と、同様である事から、行っていくべき対策にも、共通する点があります。

 

中でも、ニキビが炎症を起こした後に、引き起こされる「炎症後色素沈着」という状態になってしまうのは、「紫外線」の影響が大きいと言われています。

 

お肌に対する紫外線対策同様、ニキビ跡が出来た箇所にも、紫外線対策を、適切に行えば、ニキビ跡が色素沈着を起こす事を、予防しやすくなります。

 

その他に、ビタミンCを、お肌に取り入れる事により、色素沈着を起こした部分を、薄めてくれる効果にも期待ができます。

 

ビタミンC誘導体の、配合されている化粧水等を、用いる事で、悩まれている、色素沈着を起こしたニキビ跡が、軽減される可能性があります。

 

ただ、色素沈着を起こしたニキビ跡は、改善するにも、そう簡単ではないですから、セルフケアだけでは、改善が難しいと感じたら、早めにクリニックへ、受診するようにしましょうね。

 

 

ニキビ跡「紫色・茶色のシミが残るタイプ」とは?

 

ニキビ跡,治す

関連ページ

ニキビ跡ができるメカニズムとは?
ニキビ跡を治す為に色々な方法を試してきましたが、実はある一つの行動を取るだけでニキビ跡を治す事が出来ます。今まで悩んできた事がウソの様です。もうニキビ跡で悩みたくない人、治したい人は必見です。
ニキビ跡「クレーター状の凸凹が残るタイプ」とは?
いくつかタイプの異なるニキビ跡の中でも、厄介なのが「クレーター状のニキビ跡」ではないでしょうか?見た目も凸凹と汚く見えてしまい、触った感じも気になりますよね。
ニキビ跡の種類と原因とは?
ニキビ跡を治す為に色々な方法を試してきましたが、実はある一つの行動を取るだけでニキビ跡を治す事が出来ます。今まで悩んできた事がウソの様です。もうニキビ跡で悩みたくない人、治したい人は必見です。
ニキビ跡「赤みが残るタイプ」とは?
ニキビ跡を治す為に色々な方法を試してきましたが、実はある一つの行動を取るだけでニキビ跡を治す事が出来ます。今まで悩んできた事がウソの様です。もうニキビ跡で悩みたくない人、治したい人は必見です。