ニキビ跡「赤みが残るタイプ」とは?

ニキビ跡「赤みが残るタイプ」とは?

赤みがかったニキビ跡というのは、ニキビ跡の中でも、最も出来やすく、症状が比較的軽いニキビ跡となります。

 

このニキビ跡は、ただの赤みがかった跡のようですが、それだけでなく、腫れも伴う場合も多いようです。

 

赤みがかったニキビ跡が、何故出来てしまうのか?ただのニキビ肌だと思って、放置されてしまいがちな、赤みがかったニキビ跡の原因について、詳しくご説明していきたいと思います。

 

赤みがかったニキビ跡になる原因

赤みがかったニキビ跡は、ニキビ跡の中でも、なりやすいものですが、主な原因としては「お肌の毛細血管がうっ血してしまう」ことです。

 

その過程としては、ニキビが悪化してしまった時に、周辺にある毛細血管に、傷が付いてしまって、そこが、うっ血してしまう事はよくあるのです。

 

ニキビの炎症が、お肌の奥にある、真皮層にまで進行してしまうと、真皮内にある、毛細血管が傷付いて、出血してしまう為に、引き起こされる現象です。

 

それに加えて、ニキビを始めとした、皮膚に傷が出来てしまった場合に、毛細血管が形成される量が、普段より増加します。

 

赤みがかったニキビ跡が出来るのは、このお肌に出来た傷を、治そうとした時の、毛細血管の拡張や、生成により起きています。

 

血管に、傷が付く事を始めとして、傷を修復しようとする働きでも、赤みがかったニキビ跡は、出来てしまうという訳です。

 

赤みがかったニキビ跡を早く治すには?

では、赤みがかったニキビ跡を、早く治すために、何をしたら良いかと言うと、「ビタミンCを取り入れる」という事です。

 

ビタミンCには、傷付き炎症を起こしてしまった皮膚が、修復しようとする働きを、助ける効果や、赤みがかり炎症を、引き起こしている肌、色素沈着が起きた、ニキビ跡を、改善するという作用があります。

 

ビタミンCを、より効果的に、肌に取り入れる為には、ビタミンC誘導体が、配合された化粧品を、用いる事が良いでしょう。

 

せっかく、ビタミンCを取り入れるなら、ダメージを受けた、肌の奥まで、浸透しなければ意味がありません。

 

ビタミンC誘導体の、配合された化粧水は、より肌への、浸透力が高い為おすすめです。

 

その他にも、赤みがかったニキビ跡が、出来ている時に、気を付けて頂きたいのが、日頃のスキンケアです。

 

ニキビ跡が、出来ている状態のお肌は、いつもとは状態が、異なっています。

 

普段、使用している基礎化粧品が、もしかしたら、ニキビ跡には、刺激になってしまうケースも考えられます。

 

デリケートなお肌の、状態を考えながら、お肌に優しい基礎化粧品を使用して、赤みがかったニキビ跡の、早期治療を目指しましょう。

 

 

ニキビ跡「赤みが残るタイプ」とは?

 

ニキビ跡,治す

関連ページ

ニキビ跡ができるメカニズムとは?
ニキビ跡を治す為に色々な方法を試してきましたが、実はある一つの行動を取るだけでニキビ跡を治す事が出来ます。今まで悩んできた事がウソの様です。もうニキビ跡で悩みたくない人、治したい人は必見です。
ニキビ跡「紫色・茶色のシミが残るタイプ」とは?
ニキビ跡を治す為に色々な方法を試してきましたが、実はある一つの行動を取るだけでニキビ跡を治す事が出来ます。今まで悩んできた事がウソの様です。もうニキビ跡で悩みたくない人、治したい人は必見です。
ニキビ跡「クレーター状の凸凹が残るタイプ」とは?
いくつかタイプの異なるニキビ跡の中でも、厄介なのが「クレーター状のニキビ跡」ではないでしょうか?見た目も凸凹と汚く見えてしまい、触った感じも気になりますよね。
ニキビ跡の種類と原因とは?
ニキビ跡を治す為に色々な方法を試してきましたが、実はある一つの行動を取るだけでニキビ跡を治す事が出来ます。今まで悩んできた事がウソの様です。もうニキビ跡で悩みたくない人、治したい人は必見です。