ニキビ跡の種類と原因とは?

ニキビ跡の種類と原因とは?

ニキビ跡になりやすいニキビは、炎症を引き起こしてしまったもので、ニキビ跡にも、いくつか種類があり、状態が異なります。

 

ここでは、ニキビ跡の種類と、原因について、詳しくご説明していきたいと思います。

 

ニキビ跡の種類とそれぞれの原因

ニキビの、炎症が進行し、周辺組織が、ダメージを受けてしまうと、傷跡として「ニキビ跡」が残ってしまいます。

 

ニキビ跡にも、状態によって種類があります。

 

・クレーター

クレーターというのは、毛穴とその周辺に、強い炎症を受けた事で、表皮の奥にある、真皮がダメージを受けてしまって、コラーゲン組織が、破壊された事により、皮膚が窪んでしまった状態です。

 

つまり、クレーター状のニキビ跡を、治療する為には、コラーゲンの再生を、促さない限り、肌が再生される事はありません。

 

この、クレーター状のニキビ跡が、出来てしまった場合には、セルフケアで、治す事は不可能なので、クリニックにて、コラーゲンを生成する作用のある、レーザーによる治療や、窪んでいる患部に、コラーゲンや、ヒアルロン酸注入を行って、皮膚を盛り上げる等の、治療法を施されます。

 

・赤みがかったニキビ跡

ニキビが進行し、炎症が起きた後に、赤みがかったニキビ跡になる事があります。

 

これは、皮膚に傷が出来てしまった時に、毛細血管が、治そうとしたときの働きで、毛細血管が拡張、増生する事で、赤みがかって見えるものです。

 

ある程度、日数が経過すれば、赤みが薄くなっていくものもあります。

 

・色素沈着を起こしたニキビ跡

もう一つが、色素沈着を起こした、ニキビ跡になる事があります。

 

この場合、炎症によって、肌に赤みが残ってしまったり、残ってしまったニキビ跡が、色素沈着を起こして、茶色いシミになってしまう事を指します。

 

ニキビ跡が、出来ているのにも関わらず、紫外線対策を、しっかり行っていないと、ニキビ跡に、メラニン色素が発生して、「炎症後色素沈着」という現象が起きてしまいます。

 

赤みがかった状態から、色素沈着を、引き起こさない為に、赤みを薄めてくれる、ビタミンCを用いる事が効果的です。

 

ビタミンC誘導体が、配合されている化粧品を使ったり、ビタミンCのイオン導入を、実践してみて下さい。

 

しかしながら、自宅で出来るケアだけでは、どうしても解消する事が難しい、赤みがかったニキビ跡というのもありますよね。

 

そのような場合、クリニックにて、治療を受ければ、セルフケアよりも、早く改善する事が出来ます。

 

ニキビ跡が、色素沈着を引き起こしてしまうと、まるでシミのように、茶色い跡が残ってしまうので、赤みがかったニキビ跡がある場合、早めに、クリニックを受診する等ケアをしていきましょう。

 

 

ニキビ跡の種類と原因とは?

 

ニキビ跡,治す

関連ページ

ニキビ跡ができるメカニズムとは?
ニキビ跡を治す為に色々な方法を試してきましたが、実はある一つの行動を取るだけでニキビ跡を治す事が出来ます。今まで悩んできた事がウソの様です。もうニキビ跡で悩みたくない人、治したい人は必見です。
ニキビ跡「紫色・茶色のシミが残るタイプ」とは?
ニキビ跡を治す為に色々な方法を試してきましたが、実はある一つの行動を取るだけでニキビ跡を治す事が出来ます。今まで悩んできた事がウソの様です。もうニキビ跡で悩みたくない人、治したい人は必見です。
ニキビ跡「クレーター状の凸凹が残るタイプ」とは?
いくつかタイプの異なるニキビ跡の中でも、厄介なのが「クレーター状のニキビ跡」ではないでしょうか?見た目も凸凹と汚く見えてしまい、触った感じも気になりますよね。
ニキビ跡「赤みが残るタイプ」とは?
ニキビ跡を治す為に色々な方法を試してきましたが、実はある一つの行動を取るだけでニキビ跡を治す事が出来ます。今まで悩んできた事がウソの様です。もうニキビ跡で悩みたくない人、治したい人は必見です。