ニキビ跡の治療「フォトフェイシャル」とは?

ニキビ跡の治療「フォトフェイシャル」とは?

ニキビ跡の治療法は、医療技術の発展により、どんどん増えていますが、1990年代から行われている「フォトフェイシャル」という治療法があります。

 

どの治療法が、合っているかどうかというのは、専門医が、決めることではありますが、参考程度にこちらをごらんください。

 

ニキビ跡の治療法であるフォトフェイシャルとは?

フォトフェイシャルとは、特殊な光を用いる治療法で、お肌の、トラブルの原因となる、メラニンの働きを抑制し、コラーゲンを、生成している、お肌の細胞を、活性化してくれる事から、色素沈着を起こしてしまった、ニキビ跡や、凸凹になってしまった、クレーター状のニキビ跡の、治療に効果的とされている治療法です。

 

フォトフェイシャルの、使われている光は、クリアライトという青い色の光です。

 

このクリアライトは、ニキビの炎症を、引き起こしている原因である、ポルフィリンと呼ばれる、アクネ菌の代謝物を、死滅させる効果があります。

 

また、治療時間が短く、お肌に対して余計なダメージを、与える事無く、お肌に優しい治療法のため、フォトフェイシャルの、治療を受けた後でも、洗顔やメイクをしても問題ありません。

 

ニキビ跡の、治療法の一つである「レーザー治療」と同じじゃないの?と思われるかもしれませんが、いくつか異なる点があります。

 

ニキビ跡の治療法であるフォトフェイシャルとレーザー治療との違い

ニキビ跡の、治療法として、一般的に知られている「レーザー治療」というのは、フォトフェイシャルと同じではないかと、思われるかもしれませんが、大きな違いとして「お肌への負担」というのがあります。

 

フォトフェイシャルは、上記で述べたとおり、お肌への負担が、非常に少なく済みます。

 

いわゆる「ダウンタイム」と、呼ばれる休息期間が短く、施術を受けた後でも、メイクをしたり、洗顔をしても大丈夫です。

 

一方、レーザー治療の場合、施術を受けた後に腫れたり、赤みがかったり、かさぶたが出来たりと、様々な、肌トラブルに悩まされることもあるようです。

 

そのような、肌トラブルが起きてしまった場合には、正常な状態に戻るまでに、数日から数ヶ月掛かる場合もあります。

 

フォトフェイシャルに、使われている光は、クリアライトというもので、IPL(Intense Pulsed Light) と呼ばれ、例えるなら、カメラのフラッシュのような光である為、治療後のダウンタイムは、レーザー治療と比べると、非常に短いものなのです。

 

また、フォトフェイシャルは、ニキビ跡の治療に限らず、色素沈着、ソバカス、シミ、シワなどの、様々な肌トラブルの、治療にも効果的です。

 

ニキビ跡に限らず、お肌のトラブルでお悩みなら、一度専門のクリニックで、相談してみてもいいかもしれませんね。

 

 

ニキビ跡の治療「フォトフェイシャル」とは?

 

ニキビ跡,治す

関連ページ

ニキビ跡の治療「ケミカルピーリング」とは?
ニキビが悪化してしまう事から出来てしまうニキビ跡は、中にはなかなか治るまでに時間がかかったり、繰り返してしまったり厄介なものがありますが、その治療法の中に「ケミカルピーリング」というものがあります。
ニキビ跡の治療「フラクセルレーザー」とは?
ニキビ跡を治す為に色々な方法を試してきましたが、実はある一つの行動を取るだけでニキビ跡を治す事が出来ます。今まで悩んできた事がウソの様です。もうニキビ跡で悩みたくない人、治したい人は必見です。
ニキビ跡の治療「FGF治療」とは?
ニキビ跡を治す為に色々な方法を試してきましたが、実はある一つの行動を取るだけでニキビ跡を治す事が出来ます。今まで悩んできた事がウソの様です。もうニキビ跡で悩みたくない人、治したい人は必見です。
ニキビ跡の治療「培養表皮移植」とは?
ニキビ跡を治す為に色々な方法を試してきましたが、実はある一つの行動を取るだけでニキビ跡を治す事が出来ます。今まで悩んできた事がウソの様です。もうニキビ跡で悩みたくない人、治したい人は必見です。