ニキビ跡の治療「培養表皮移植」とは?

ニキビ跡の治療「培養表皮移植」とは?

ニキビ跡を、治療する為の、最終手段とも言われている「培養表皮移植」を知っていますか?

 

ニキビの炎症の、進行具合によって、どれだけニキビ跡が、残ってしまうかの、差が生まれますが、培養表皮移植をする事により、セルフケアだけでは、完治はほぼ難しい、クレーター状のニキビ跡も、完治する事ができます。

 

ニキビ跡の治療法‐培養表皮移植とは?

培養表皮移植とは、何なのかというと、自身の脇や耳などの、比較的目立たない場所の、皮膚を除去して、それを培養して、正常の状態ではない皮膚の場所「瘢痕皮膚」 に移植するという、治療法です。

 

ニキビ跡の治療法には、様々な種類がありますが、中でも、この培養表皮移植は、ニキビ跡治療の、最終手段とも言われており、治療内容も高度で、本格的なものになります。

 

もちろん、それだけ高度な医療技術が、必要になってくることから、治療にかかる費用も高額です。

 

大体、70万円前後からといわれています。

 

この培養表皮移植を、行う必要がある場合には、セルフケアのみでは、完治する事が難しい、クレーター状のニキビ跡を、治療する場合になるでしょう。

 

この培養表皮移植は、ニキビ跡治療の、最終手段と言われていますが、実際には、どこまで治療が、出来るのかというと、理想としているお肌の、ツルツルの状態を、100%と考えて、培養表皮移植で、治療出来るのは、その内50%程度であると、思っておいて下さい。

 

例え、最終手段とはいっても、培養表皮移植の、限界はここまでです。

 

・ニキビ跡の治療法‐培養表皮移植を行うには

培養表皮移植の治療を、実際に始めていく前に、必要となってくるのが、「感染異常の有無の確認」です。

 

最初に採血をして、感染症異常の、有無を確認して、何も異常がなければ、脇の下や二の腕の内側などの、目立ちにくい部位から、皮膚の採取と培養を行います。

 

ただ、この培養表皮移植は、やりたいからといって、すぐに出来るものではなく、培養に必要となる期間が1ヶ月あります。

 

まずないパターンではありますが、培養に失敗してしまうなんてケースもあります。

 

何も問題なく、培養が成功したら、次は本格的に、移植を行っていきます。

 

移植を行う前には、局部麻酔、静脈麻酔を施した上で、施術中に感じる痛みを、軽減することが出来ます。

 

培養後の皮膚を、クレーター状になってしまって凹みのある部分に、皮膚を貼り付けていきます。

 

ニキビ跡には、他にも皮膚移植という方法もありますが、皮膚移植と比べても、縫合した部分が目立ちにくく、培養した、皮膚から分泌される成分のお陰で、傷跡も、綺麗に治していくことが出来ます。

 

ニキビ跡の治療法‐培養表皮移植の注意点

この培養表皮移植を、受ける際の注意点は、施術を受けた当日と、それに加えて2日間程度は、抗生物質の点滴を、受けなくてはなりません。

 

抜糸を受ける期間は、術後の5日から7日は、入院等の措置を、受けなくてはなりません。

 

それに加えて、培養表皮移植を、受けた後の皮膚というのは、周りの皮膚と大きく異なります。

 

お肌の質感、色、手触りなどにはやはり違和感を感じるかと思います。

 

この違和感については、施術後約5ヶ月〜6ヶ月くらいで感じなくなります。

 

クレーター状のニキビ跡というのは、目立ちますし、特に女性なら、尚更、気になってしまいよね。

 

培養表皮移植も、ひとつの治療法として、覚えておきましょう。

 

 

ニキビ跡の治療「培養表皮移植」とは?

 

ニキビ跡,治す

 

関連ページ

ニキビ跡の治療「ケミカルピーリング」とは?
ニキビが悪化してしまう事から出来てしまうニキビ跡は、中にはなかなか治るまでに時間がかかったり、繰り返してしまったり厄介なものがありますが、その治療法の中に「ケミカルピーリング」というものがあります。
ニキビ跡の治療「フラクセルレーザー」とは?
ニキビ跡を治す為に色々な方法を試してきましたが、実はある一つの行動を取るだけでニキビ跡を治す事が出来ます。今まで悩んできた事がウソの様です。もうニキビ跡で悩みたくない人、治したい人は必見です。
ニキビ跡の治療「フォトフェイシャル」とは?
ニキビ跡を治す為に色々な方法を試してきましたが、実はある一つの行動を取るだけでニキビ跡を治す事が出来ます。今まで悩んできた事がウソの様です。もうニキビ跡で悩みたくない人、治したい人は必見です。
ニキビ跡の治療「FGF治療」とは?
ニキビ跡を治す為に色々な方法を試してきましたが、実はある一つの行動を取るだけでニキビ跡を治す事が出来ます。今まで悩んできた事がウソの様です。もうニキビ跡で悩みたくない人、治したい人は必見です。