ニキビ跡「色素沈着・シミが残るタイプ」改善方法とは?

ニキビ跡「色素沈着・シミが残るタイプ」改善方法とは?

ケアが遅れてしまうと、あっさり出来てしまうニキビ跡の中には、まるでシミのようになるタイプもあり、改善方法を知らなければ、気持ちも滅入ってしまいますよね。

 

ここでは、まるでシミのようになってしまうニキビ跡は、何故出来るのか?その原因と改善方法について、詳しくご説明していきます。

 

シミのようなニキビ跡は何故起こる?改善方法は?

まず、ニキビ跡が、茶色っぽいまるでシミのようになってしまう現象を「炎症後色素沈着」と言って、この現象が、起こる原因というのは、お肌で生成されている「メラニン」にあります。

 

ニキビにより、お肌にアクネ菌が、大量に繁殖し、炎症を起こします。

 

このアクネ菌を、殺菌する為に、私たち人間の体内では、活性酸素を生成し、アクネ菌を減らそうと働いています。

 

この活性酸素は、お肌にとって、悪影響を及ぼすアクネ菌を攻撃するだけでなく、お肌の細胞までも、攻撃してしまう働きがあります。

 

活性酸素が、体内で発生すると、お肌を、活性酸素から守る為に、分泌されているホルモンが、メラニン色素を、生み出す元であるメラノサイトを、刺激してしまい、メラニン色素が大量に生成されます。

 

紫外線を浴びた時も、人間の肌は、同様の働きをして、紫外線を、お肌の奥まで浸透しないように、守る働きをします。

 

メラニンと聞くと、シミや色素沈着を作り出す原因として、知られていますが、私たち人間の、お肌を守る為には、重要な成分である事も、お分かり頂けると思います。

 

・メラニン色素により起こるシミのようなニキビ跡の改善方法

では、次にメラニン色素の、大量発生により起こる、ニキビ跡の色素沈着は、どのようにして改善していくのか?という点です。

 

この場合、シミや色素沈着に対するケアと同様に、美白効果の得られる化粧品を、使う事により、色素沈着を起こしたニキビ跡を、改善する事が出来ます。

 

近頃、美白効果の高い成分の配合された、基礎化粧品も増えています。

 

毎日使う物ですから、基礎化粧品に、美白効果が配合されていた方が、より早く効果を、実感する事が出来ます。

 

美白成分として、よく化粧品に配合されているのは「ハイドロキノン」、「ビタミンC」等です。

 

もし、市販されている美白化粧品で、あまり効果が得られない場合には、クリニックにて処方される「高濃度ビタミンC」が、配合された化粧水であれば、美白効果が、得られる可能性が高まります。

 

高濃度ビタミンCが、直接お肌の奥に浸透していくことによって、皮膚に不足している栄養を補い、例えニキビの原因菌が繁殖しても、それを抑制出来る力も、身に付ける事が出来ます。

 

セルフケアだけでは、どうしても改善が難しい場合には、なるべく早めに、クリニックを受診し、専門家による適切なケア方法を、教えてもらいましょう

 

 

ニキビ跡「色素沈着・シミが残るタイプ」改善方法とは?

 

ニキビ跡,色素沈着,シミ,改善方法

関連ページ

ニキビ跡「赤みが残るタイプ」改善方法とは?
ニキビ跡の中で最も出来やすく、出来ると目立つので厄介な赤みがかったニキビ跡の改善方法とは一体何なのでしょうか。女性にとっては特に目立つニキビ跡をお肌に残したくはないと思いますので、赤みがかったニキビ跡を改善する方法についてご説明していきたいと思います。
ニキビ跡「クレーター状の陥没が残るタイプ」改善方法とは?
ニキビ跡の中でも、一度出来てしまうと治りにくく繰り返し出来る事から厄介な「クレーター状のニキビ跡」は適切な改善方法を実施すれば、治すことが出来ます。