ニキビ跡「クレーター状の陥没が残るタイプ」改善方法とは?

ニキビ跡「クレーター状の陥没が残るタイプ」改善方法とは?

ニキビ跡の中でも、一度出来てしまうと、治りにくく繰り返し出来る、厄介な「クレーター状のニキビ跡」は、適切な改善方法を実施すれば、治すことが出来ます。
では、まず初めに、何故クレーター状のニキビ跡が、出来てしまうのか?という原因と改善方法について、ご説明していきたいと思います。

 

クレーター状のニキビ跡が出来る原因を知って改善方法を知りましょう

クレーター状の、ニキビ跡というのは、お肌がまるで、月面のように、凸凹とした状態になる事から「クレーター」と言われています。

 

クレーター状のニキビ跡は、出来てしまうニキビ跡の中でも、かなり目立つので、ショックを感じている方も多いのではないでしょうか。

 

そこで、改善方法をご説明する前に、まず知っておくべきなのが「クレーター状のニキビ跡が出来る原因」の部分です。

 

基本的に、クレーター状のニキビ跡が、出来てしまうような場合には、ニキビの炎症が、お肌の奥にある、真皮層や皮下組織にまで及んでいる場合が多いです。
真皮層や皮下組織というのは、お肌の、表面部分である表皮と異なり、お肌の細胞の生まれ変わりである、ターンオーバーがありません。

 

つまり、一度ダメージを受けてしまうと、自己修復が出来ず、クレーター状のニキビ跡に、なってしまうのです。

 

また、炎症の進行具合に加えて、お肌の状態は個人差がありますが、敏感肌な方は、特に炎症によるダメージを受けやすく、クレーター状のニキビ跡に、なりやすいので、注意が必要です。

 

クレーター状のニキビ跡の改善方法とは?

ニキビの炎症が、真皮層や皮下組織にまで、進行してしまう事で出来てしまう、クレーター状のニキビ跡を、改善するには、クリニックでの治療が、必要不可欠となります。

 

方法としては以下のようなものがあります。

 

  • レーザー治療
  • ピーリング治療(ケミカルピーリング)
  • 患部注射治療(FGF治療)
  • 光治療(フォトフェイシャル)
  • 皮膚移植手術

 

クレーター状のニキビ跡の、治療だけでも様々な方法がありますが、どの方法が適しているかは、クリニックで状態を、診てもらわなければ分かりません。

 

セルフケアで出来る事としては、少しでもクレーター状のニキビ跡を、悪化させないようにするケアのみです。

 

やはり、完治をさせたいなら、クリニックで適切な治療を、受けなくてはいけません。
クレーター状のニキビ跡は、とても目立ちますし、女性なら尚更、メイクをしても隠し切れず、悩みの種になってしまいます。

 

クレーター状のニキビ跡が出来てしまったら、なるべく早めにクリニックを受診しましょう。

 

 

ニキビ跡「クレーター状の陥没が残るタイプ」改善方法とは?

 

ニキビ跡,クレーター状,陥没,改善方法

関連ページ

ニキビ跡「赤みが残るタイプ」改善方法とは?
ニキビ跡の中で最も出来やすく、出来ると目立つので厄介な赤みがかったニキビ跡の改善方法とは一体何なのでしょうか。女性にとっては特に目立つニキビ跡をお肌に残したくはないと思いますので、赤みがかったニキビ跡を改善する方法についてご説明していきたいと思います。
ニキビ跡「色素沈着・シミが残るタイプ」改善方法とは?
ケアが遅れてしまうとあっさり出来てしまうニキビ跡の中には、まるでシミのようになるタイプもあり、改善方法を知らなければ気持ちも滅入ってしまいますよね。